忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲゲゲの女房 第17週 プロダクション旗揚げ
 茂(向井理)がマンガ賞を受賞し、布美枝(松下奈緒)がやっと貧乏を脱出したと思ったら、注文が殺到してきましたね。大忙しです!
 
執筆依頼を福の神だとみんな受けていました。アシスタント志望の菅井伸(柄本佑)がやってきますが、茂は絵を一目見て、デッサン力をつけろと追い払います。後から「かんぴょう」と言ってましたね(笑)
 
藍子(篠川桃音)がお腹が減ったと言ってるのに、編集者にせかされ、夕飯の支度もできません。月刊漫画「ゼタ」の倉田圭一の作風が気に入って、深沢洋一(村上弘明)に紹介してもらおうとしますが、すぐに来られそうにありません
 
サングラスに派手な背広の男が家の前にいました。豊川(眞島秀和)の知り合いで、城西映画テレビ部プロデューサーの船山信義(風間トオル)です。新しく担当になった北村(加治将樹)が原稿を持っていった後で、船山は「墓場鬼太郎」を映画かテレビにしたいと提案してきました。茂は「テレビにしましょう」と答えます

 *
布美枝がテレビを選んだ訳を聞くと、茂は「テレビの連続物なら当たれば何本でも作ってもらえる。少しくらい売れたからといって この先も同じように仕事が来るとは限らんぞ」と油断してません
 
茂が自転車ででかけていきました。担当の北村から逃げたのです。布美枝も原稿を持って、嵐星社へ向かいました。北村は留守番で藍子の面倒を見ることに。馬の絵が下手ですね(笑)
 
お稲荷さんの前で、茂がカラスヘリコプターに乗った鬼太郎を描いていると、ひげもじゃの男が声をかけてきました。小峰章(斎藤工)です。元漫画家という小峰のデッサンに茂は感心します
 
嵐星社へ行くと、斎藤という人が新しく加わっていました。深沢はプロダクション制にしたらいいと言い、加納郁子(桜田聖子)が説明しに来てくれると話します。そこへ倉田圭一(窪田正孝)がやってきました。ナイスタイミング!
 
布美枝が倉田と一緒に帰ってくると、茂と誰かが話しています。布美枝がドアのすきまからのぞいて、目がアップになりました。見合いのときのことを思い出しますね。菅井がまたやってきたのでした。茂は倉田を中へ入れて仕事を頼みます。目が燃えてましたね。小峰はすでに仕事を始めてます
 
***
茂が断ろうとするのに、菅井もちゃっかり入ってきましたね。倉田は看板屋で住み込みで働いていて、他の人を気にしながら、寮でふとんをかぶってマンガを描いていたと話します。菅井は、栃木出身で、かんぴょう農家でした(笑)
 
郁子が会社設立の話をしに来てくれます。発起人は7人必要で、経理は奥さんが担当するかと聞かれ、布美枝はドキッとしました。豊川と船山がやってきて「鬼太郎」のテレビ化が難航してると話します。茂は「紙芝居でも漫画でも「鬼太郎」の人気が出るまでに時間がかかりました」と答えました。郁子は興味を持ったみたいですね
 
浦木(杉浦太陽)がやってきます。「鬼太郎」テレビ化の話を聞いてきたのです。「テレビなんかやめて映画の話を取れ。「鬼太郎」がテレビ番組になる事は100%ない」と反対しました。布美枝が突然に気持ち悪いと言い出します
 
****
布美枝は2人目を妊娠しましたね。靖代(東てる美)和枝(尾上紫)徳子(棟里佳)にそのことを話してから、簿記について聞きます。家に帰ってくるとき簿記問題集を手にしてましたね。藍子は菅井を「スガちゃん」と読んで、シャボン玉を吹いてもらってます(笑)
 
雄一(大倉孝二)佐知子(愛華みれ)がやってきました。会社を作るので助っ人に来たのです。佐知子が簿記が出来ると知ると、布美枝は問題集をしまいました
 
昭和41年6月、水木プロダクション設立です。茂は看板を作りましたね。裏は「少年戦記の会」です(笑)知らせてないのに浦木がやってきました。深沢や加納、豊川や船山がお祝いにかけつけます
 
戌井(梶原善)はバナナを持ってきました。しばらく見当たらないので、布美枝が外へ出ると、戌井が風に当たってます。布美枝が「あんなに精魂込めて描いている漫画が 人の心を打たないはずはない」と言っていたとおりになった、と戌井は話しました。戌井にとっても茂の成功はうれしいんでしょうね
 
*****
茂が「暑い 狭い うるさい!これでは仕事にならん!」と爆発!夜中に布美枝が部屋をのぞくと、茂が家の図面を書いています。改築するというのです
 
あっという間に改築がすみました。広くなりましたね。茂だけでなくアシスタントの机もあります。。壁やふすまが新しくなって、キッチンも広々としていますね。経理として活躍している佐知子は、夕飯の支度があると帰って行きました
 
徹夜をするので、餃子を作ることにします。買い物へ和枝のところへ行くと、しいたけしか買ってないのに、あとで荷物を車で送ってくれると言ってくれました。やさしいですね
 
改築された水木プロダクションの写真を見て、出産する布美枝が大変だとミヤコ(古手川祐子)は調布へ行くと言います。すると源兵衛(大杉漣)は妙案を考えたと言いだしましたね
 
******
菅井が原稿をこぼしたりミスが多いので、佐知子が文句を言っています。茂もとんでもなく絵が下手だと話しました。陰で聞いていた菅井は「俺クビかな」とつぶやきます。でも茂は「根気の強さは人には負けん。一番ええのは見とったら面白いところ」とフォローしました
 
「お世話になりました 菅井伸」という書き置きを発見し、布美枝が外へ出ると、いずみ(朝倉えりか)がいました。産休補助をしていたいずみに、源兵衛とミヤコは東京へ行って布美枝の手伝いをするよう言ったのです。いずみは送られてきた写真と手紙で、菅井たちの様子もわかってましたね(笑)
 
「墓場鬼太郎」のテレビ化はうまくいきません。船山が、からめ手から攻めようと、スポンサー受けする作品はないか聞くと、豊川は「悪魔くん」を出してきました
 
登志(野際陽子)が「遅くまで起きてると幽霊が足の裏をペローンとなめるぞ」と子どもの頃に話したことを思い出し「恐いけど。面白い。お父ちゃんのマンガと一緒」と布美枝が言うと、「また、のろけとう」といずみがからかいます
 
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 315 | 314 | 313 | 312 | 311 | 310 | 309 | 308 | 307 | 306 | 305 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny