忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

てっぱん 最終週 かならず朝は来る 第149回~第152回(最終回)
あかり(瀧本美織)はみんなから誕生日祝いされていると、初音(富司純子)と一緒に、滝沢(長田成哉)がやってきて「今、話できるか」と誘いました。あかりが「うちがどこへ行ってもええんじゃね」と聞きますが、初音は「あんたの人生や」と冷たいです
 
部屋へ戻ったあかりは、何も言わず荷物をかたずけだします。滝沢が「何してるんや」とたずねると、あかりは「滝沢さんが言うたんよ。誕生日に迎えに来る言うて」と言い、滝沢が「先に返事聞かせてくれ」とさらに聞くと、あかりは「これが返事よ」と不機嫌です
 
店で、小夜子(川中美幸)が「追いかけんでええんですか。おのみっちゃんのこと好きなんでしょう」と言うと、浜野(趙民和)は「終わった話や」と答えます。加奈(朝倉あき)根本(松田悟志)たちは驚いてましたね
 
神田(赤井英和)が「振られるんやったら、きっちり振られな」と言いますが、浜野は「今さら」と断ります。そこへ民男(前田航基)が「おねえちゃんが荷造りしてる」と来ると、岩崎(柏原収史)が浜野に花束を渡しましたね
 
浜野はあかりの部屋へ行き「おのみっちゃんに伝えたかったことがあんねん。ずっと前から思ててんけど、誕生日おめでとう」と話をそらせます。廊下の笹井(神戸浩)だけじゃなく、階段で立ち聞きしていた加奈たちもガッカリです
 
浜野は滝沢に向けて、あかりが笑顔になっていないと言います。あかりが鏡の前で自分の顔を見ると、滝沢は「無理するからや。分かってたわ。お前がこっから離れられんことぐらい。お好み焼きに負けるんやったらあきらめもつくわ。暗い顔しとったらお前やなくなるで」と話しました。あかりがやっと笑顔になりましたね
 
「俺は社長の何を見てたんや」と落ち込む根本を、伝さん(竜雷太)がなぐさめていると、民男たちが「2人とも振られた」とやってきます
 
隆円(尾美としのり)が、千春の分骨に初音が尾道に来ると、真知子(安田成美)錠(遠藤憲一)に言いに来ました。真知子が「田中さん、人生のしまい支度しとるんじゃろか」と話すと、久太(柳沢慎吾)は「明日のことは分からんけえの」とつぶやきます
 
あかりは「うち、やっぱりここでお店続けたい。まだおばあちゃんと勝負ついとらんけえね」と初音と張り合いましたね
 
初音がもう食事を作らないとわかって、あかりと笹井、中岡(松尾諭)民男が、もういっぺんお昼を作ってと手を合わせます(笑)初音は「うん」と答え、料理を作りはじめました

 *
店で、伝さん、根本たちが集まっています。送別会なのに、笹井たちが遅いと言っていると、岩崎がいいにおいに気がつきました。初音が笹井たちに特別にお昼ご飯を作っているとわかると、神田がひがみます。伝さんが食堂への戸を開けようとすると、カギがかかってましたね(笑)
 
食堂では、初音の親子丼が、民男たちの前に並んでます。笹井は「プルプルしています」と言い、「いただきます」と食べ始めました。伝さんたちは小窓を全開にしてのぞきます
 
あかりが自分の分を、分けてあげることにしました。みんなおいしそうに親子丼を食べます。民男たちが「ごちそうさまでした」と言うと、初音は「よろしゅうおあがり」と笑顔です
 
いよいよ中岡と民男と笹井が、田中荘を去る日が来ました。笹井は絵をプレゼントしてくれます。ひまわりに見えたけど、お好み焼きを描いた絵です。あかりと初音は泣きながら、民男たちが見えなくなるまで、手を振りましたね
 
掃除をしている初音に、あかりは「続けられんかね。お好み焼き屋も下宿も。うちはお店が大好きなんよ。それを取り上げんとって」と頼みますが、初音は「あんたもしつこいな。しまいや言うたら、しまいや」とけんか腰になってしまいます
 
あかりと初音は、すれ違いのまま尾道に、千春(木南晴夏)の分骨にやってきました。お寺で隆円からお骨を受け取って、初音はほっとしたようです。でも、あかりはトランペットのケースを持って、不機嫌に出て行ってしまいました
 
初音が「動けるうちに、身の回りをきれいにしとこうと思いまして。あの子に残せるもん他にあらしまへん」と話し、真知子が「あかりは田中さんから、いろいろ受け取っとります。あの子が大阪飛び出せたんは、田中さんに出会うたからです」と答えていると、あかりのトランペットが聞こえます。「ひまわり」です。つづく「威風堂々」はかなり荒れてましたね
 
隆円にうながされ、初音は鐘をついて対抗します。本当に、あかりと初音は似たもの同士ですね
 
**
ベッチャー祭りの場面から始まりました。あかりと初音、錠と真知子、鉄平(森田直幸)、そして隆円と久太が、祭りの輪の中に笑顔で飛び込んでいきます。欽也(遠藤要)とのぞみ(京野ことみ)と赤ちゃんも、輪に加わりました。ベッチャーにたたかれても、赤ちゃんは穏やかな表情。本当にかわいいですね
 
祭りが終わり、あかりと初音は港へ行きます。第1週で初音がトランペットを投げ捨てた場所ですね。あかりが「おなかぺこぺこじゃ。おばあちゃんの言うこと、当たっとったね。音楽なんかじゃ腹はふくれん」と言うと、初音は「腹はふくれんけど、心はふくれたわ。あんたのラッパ、千春にも響いたやろな」と、いつの間にか仲直りです。あかりが「おばあちゃんにも響いた?」と肩と肩をポンとぶつけると、初音は「腹に響いたわ」と答えます
 
村上鉄工所のガレージで、お好み焼きを焼いて、みんなで食べました。あかりがまるちゃんの名前を聞くと、のぞみは「村上円(まどか)。丸は円でしょう。だから、まどか」と答えます
 
尾道の街を望めるポンポン岩の上で、あかりは「ひまわり」を吹きました。初音は「あんたと勝負がつくまで、あのうち壊すのお預けや」と言ってくれます。初音は「田中初音、70」と胸をたたくと、あかりも「村上、あかり、二十歳」と胸をたたきましたね。初音がトランペットを吹くと、ちょっと音が鳴りました!
 
2011年の春、おのみっちゃんであかりは働いています。民男が友達と一緒にやってきました。初音は田中荘の前に、お食事処ののれんをかけます。女の人たちが田中荘へ入ってきました。店と食堂の壁がなくなって、広い食堂になってましたね
 
中岡が女の人を連れてやってきて、浜野たちも来ます。あかりはお好み焼きを作り、初音は定食を作ってました。加奈も手伝い、伝さんは出前から帰ってきます。滝沢は海外合宿で来られないけど、日焼けした笹井が外国の友人を連れてきました
 
浜野が「おのみっちゃん 何でお好み焼き屋始めたんやっけ」と聞くと、あかりは「トランペット、拾うたからじゃろか」と言い、伝さんが「何で定食屋始めたんや」とたずねると、初音は「ラッパ、捨てたからやろか」と答えます
 
ラストのてっぱんダンスは、あかりをはじめ出演者全員が登場してましたね。また忘れられない連続テレビ小説が1つ増えました。涙もろいあかりを、瀧本美織がみごとに演じきりましたね。まだまだ成長するあかり、今後どんな風になるのか、ぜひ観たいですね!
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 424 | 423 | 422 | 421 | 420 | 419 | 418 | 417 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny