忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲゲゲの女房 第8週 父の上京
 源兵衛(大杉漣)が調布の家にやってきました。やはり欠かせないキャラクターですね(笑)村井布美枝(松下奈緒)村井茂(向井理)は大混乱です!田中美智子(松坂慶子)の悲しい思いが、意外な形で明らかになりましたね。ジーンと感動しましたよ!
 
土井真弓(菊里ひかり)が美智子に相談しにきます。そこに小林太一(鈴木裕樹)がいるのを知らず、太一からラブレターをもらったが断りたいというのです。太一は傷ついてましたね。真弓が帰った後、美智子は盲腸を切ったみたいに忘れたらとなぐさめますが、太一は「簡単に言わないでくれよ!」と怒り出します
 
三海社の深沢洋一(村上弘明)は、墓場鬼太郎を前からやりたかった、目玉商品に育てると喜びました。茂は富田書房でこりたので、しっかり前金を要求です(笑)3万円もらったのに、コーヒーやチョコレートなどぜいたく品を買ってきて、布美枝はいらだちます。でもカレーをおいしく食べました
 
ひさしぶりに飯田家が映って、なつかしい(笑)源兵衛が酒屋組合の視察旅行で東京へ行くことになります。布美枝のところへ寄らないという源兵衛に、ミヤコ(古手川祐子)が手紙に良いことしか書いてないのが気になると話しました

 *
「明日の昼、東京へ行く」という電報が来ました。源兵衛じゃなく野村チヨ子(平岩紙)だったんですね。松代、節子の話の後で「漫画家は1冊書いたら3万円もらえるから、お金たまるね」と言われ、布美枝はひきつりながらうなずきました(笑)純喫茶・再会は初めてなのに「たまに来る」と答えてしまいます。家を見たいというチヨ子に、茂が仕事に集中してるからと断り、ケーキを渡して別れました
 
田中キヨ(佐々木すみ江)に話すと「女は誰でも見栄張るもの。貧乏なのは社会が悪い。世の中が悪い」となぐさめてくれます。美智子が鬼太郎の新刊を持って帰ってきました。太一が1ヶ月も来てないのは心配ですね
 
布美枝の留守中に、源兵衛が家に来ていました。中森恒夫(中村靖日)を空き巣と間違え、風呂を借りに来た村井雄一(大倉孝二)佐知子(愛華みれ)たちともめます。布美枝が家の前まで来ると、暁子(飯沼千恵子)があわててやってきました。雄一たちは「大変なのが来てるね。台風が過ぎたころにまた風呂を借りにくる」と帰っていきます。源兵衛は「布美枝、暁子!この家はどげんなっとる!」と怒り爆発!
 
**
源兵衛は「土曜日、帰る前にもう一度来る」とはちみつをお土産にくれました。源兵衛は「もうちょっとまともな暮らしをしてると思った」とつぶやきます。布美枝と茂は口げんかをしてしまいましたね
 
戌井慎二(梶原善)が美智子と一緒にやってきました。元気がない太一のため、茂が土曜日にこみち書房に来ると、言ってしまったというのです。戌井は、こみち書房で漫画家と読者の交流会を開いたらと提案します。出版直後で一石二鳥だというのです
 
土曜日に源兵衛が来ることを伝えると、戌井はあえてその日にぶつけ、源兵衛に茂の活躍を見てもらったら、一石三鳥だというのでした。茂は「閑古鳥が鳴いてたらどうする?」と心配します
 
***
交流会のちらし作りで、布美枝と茂は仲直りしました(笑)松井靖代(東てる美)山田和枝(尾上紫)三浦徳子(棟里佳)にも宣伝をたのみます
 
土曜日の午後、茂だけでなく戌井も、こみち書房の前に机を並べて座りました。なかなか人が集まりません。家に来た源兵衛を、布美枝はこみち書房へ連れていきました。行列が出来ていて、ほっとしましたね(笑)
 
三海社の深沢もやってきます。源兵衛が売れるか聞くと、深沢は「わかりませんな。子どもに受けの良い、楽しいマンガと違いますから。でもこれはすごい漫画ですよ。ユーモアとしっかりした物語。余人をもって代えがたい才能」とベタほめです。源兵衛は「婿の漫画をどうぞよろしくお願いします」と頭を下げました
 
****
商店街を源兵衛と歩いていると、布美枝は太一を見つけ追いかけていきます。「変に気をつかわれると余計みじめになる」と言う太一に、布美枝は子どもの頃に電信柱とからかわれた「同情とは違うの。太一君のことほっておけんのよ」と引き止めますが、太一は行ってしまいました
 
喫茶店で亀田達吉(徳井優)と田中政志(光石研)の話から、貸本無料券を出しサクラの行列を作ったことを知り、源兵衛は顔色を変えます。源兵衛はこみち書房へ来て「だらずが!」と激怒!美智子とキヨは自分たちが勝手にやったことと謝りますが、源兵衛は「何を信用していいのか」と混乱します。源兵衛が「ええ男に嫁がせたと思ったが、わしの間違いだったかの」と言い出すと、布美枝は茂の隣へ行って「うちの人は小細工なんかせえへんです。何を言われても自分の好きな漫画に打ち込んでる。うちの人が精魂込めて書いとるところを一番近くで見とるんですけん。うちの人は本物の漫画家ですけん」と反論しました
 
太一がやってきますが「おせっかい焼くのいいかげんにしてくれねえかな。親でもねえくせに。心配されたってどうにもならねえんだよ。ほっといてくれよ!」と嘆くと、美智子は「心配させてよ!心配したいのよ!だって太一君は生きてるでしょ。嫌なことあっても生きてるから。生きててくれれば心配できるから」と涙を流します。美智子の息子が腸チフスで亡くなり、生きていれば太一と同じくらいだと、キヨが打ち明けました。ジーンとする場面でしたね
 
*****
茂は太一に、かっぱの絵を描いてあげます。岩手遠野出身の太一は「水木先生の漫画を読んだとき、ばあちゃんの昔話を思い出したんです。恐いのになつかしくて、ほっとした。生きてく支えをもらえた気がしました。おばさんの家で借りて読むのだけが支えで。なのに俺、つまんねえ意地はって」と涙を流しました。茂は「そうクヨクヨしとらんで、ほがらかにやっとればええんです」と声をかけます
 
源兵衛は「金には恵まれが、人のご縁には恵まれておるようで、ほっとしました。布美枝のやつ、ほれこんどるな。婿と2人どうにかこうにか、夫婦の人生を歩みはじめたようですわ」と話すと、美智子が漫画をプレゼントし、源兵衛は「まねごとでもええではないですか。親のような気持ちで案じてる人がおったら、人間そう間違った道には進めんもんですけん」と言いました。源兵衛は今度、碁をしようと茂を誘って別れます
 
送っていく布美枝に、源兵衛は「40年50年と連れそううちには、ええときも悪いときもある。ええときは誰でもうまくやれる。悪いときにこそ、人間の値打ちが出るだけんな」とお金を渡してくれました。布美枝は「お金はないけど、毎日笑って暮らしてるよ」と話します
 
飯田家に帰った源兵衛は、ミヤコ(古手川祐子)邦子(桂亜沙美)に様子を伝えました。いずみ(朝倉えりか)貴司(星野源)は鬼太郎に夢中(笑)源兵衛が「あいつ笑って暮らしとったぞ。何もかも順調にいかんだろうが、笑って暮らしとるのじゃけん、大丈夫だ」と説明すると、ミヤコも笑顔を見せました。やがて結婚してから1年になります。次週、河合はるこ(南明奈)が初登場ですね!
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 293 | 292 | 291 | 290 | 289 | 288 | 287 | 286 | 285 | 284 | 283 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny