忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

特上カバチ!! 第8話 決断!!事務所を去る日
田村勝弘(櫻井翔)はとんでもない失敗をしてしまいましたね。住吉美寿々(堀北真希)が戻ってきたときには、手のつけられない状態に。ラストでは、なんとか切り抜けるけど、依頼人を傷つけてしまったことに田村はショックを受けます

最初は田村の仕事ぶりに、重森(遠藤憲一)栄田(高橋克実)の顔がほころんでいました。美寿々は、検備沢弁護士(浅野ゆう子)の接待で温泉旅行へ行って不在です。甲斐杏(菊里ひかり)岡本桂 (木南晴夏)も一緒でした。美寿々が田村の父親についてたずねると、検備沢は有名な弁護士とだけ答えてくれます

小津小百合(市川由衣)が事務所に相談にやってきました。美寿々がいないので、田村が対応します。会社の同僚で元彼の江口(金子賢)からセクハラを受け、デートに使った50万円のお金を返して欲しいと言われているのです。さらに上司に相談したところ、会社から内容証明が送られ、会社の行政書士に1時間後に会う約束になっているのでした


田村と小百合が待ち合わせ場所に行くと、相手は田村の知り合いの村田(山崎樹範)でした。小百合が勤める雨雲商会の行政書士です。田村は相手が村田だからと簡単におさめようとします。田村は小百合に、村田の出してきた示談書にサインをさせてしまいました

帰ってきた美寿々はいきなり田村をビンタ!小百合が美寿々に泣きながら電話をかけてきたというのです。小百合は美寿々に、江口が会社の同僚に流した噂を書いたノートを見せてくれたのでした。2人の問題だと言い張る田村に、美寿々は自己決定権について話します。「小津さんがセクハラと言っている以上セクハラ。セクハラは被害者の主観で決まるの。被害者がセクハラと言えばセクハラ、冗談と言えば冗談になるのよ。女性の自己決定権が尊重されないといけない。セクハラはされたコトより、された人」と説明しました。やっと田村はわかったようですね

美寿々は、小百合の再依頼を受け、場合によっては示談書の責任を追及し、村田行政書士に慰謝料を請求すると言います。さらに田村の使用者責任を問い大野事務所に慰謝料請求すると話しました。大野(中村雅俊)は「責任は取るつもりだ。俺たちを頼って相談に来た者を、相手側の法律屋に差し出すなんて、法律家として言語道断」と受け止めます。田村は、柿崎松郎(渡辺いっけい)晴子(田丸麻紀)の相談を受けられないほど、落ち込みました

**
美寿々は慰謝料50万円を要求する内容証明を江口に送って、田村と面会に行きます。江口はまったく悪びれた様子がありません。さらに村田は示談書を取っているからと、交渉に応じようとしませんでした。美寿々と田村が雨雲商会に直接に話し合いに行くと、村田はセクハラ防止対策をしていると1枚の紙を出して反論します。かなりずるい!

セクハラをやめない江口に、小百合に思わずカッターで胸を傷つけてしまいました。小百合は警察に捕まってしまいます。大野の依頼で、検備沢が土方竜馬(上里亮太)沖田晋作(伊郷アクン)をひきつれ、身元引受人となってくれました。美寿々はケガを負わせたことについてだけ、江口に謝るよう話しますが、小百合は謝りたくないと拒否します

江口と村田のところへ、田村は抗議に行きます。しかし江口はまったく謝る気がなく、村田も「優先すべきは依頼人の利益だ。僕の依頼人はあくまでも雨雲商会だよ」と応じる気がありません。田村は村田の言葉で何かに気がついたようです。そして美寿々に案を持って相談に行きました。美寿々は田村のやり方に納得し、さら練ってくれたようですね

***
田村と美寿々、江口と村田の話し合いに、雨雲商会の2人が加わっていました。田村は、江口個人を民事と刑事両方で告訴すると主張します。美寿々は告訴されたくなければ示談に応じて欲しいと話しました。江口が小百合を殺人未遂罪で告訴すると言い出すと、田村と美寿々は帰ろうとします。すると雨雲商会があわてだし、村田が「内容をうかがいましょう」と言いました

田村は、小百合からの傷害の被害届けの撤回、セクハラを認めての謝罪、デート代の請求の撤回、小百合のことを今後第三者に話さないことを要求し、書類にサインすれば告訴しないと話します。江口はケガをさせたのは小百合だと応じる様子を見せません。田村は、江口が名誉毀損で告訴されれば、噂にかかわった他の社員も事情聴取や逮捕され、会社の名誉が傷つけられると話します。さらに美寿々が、雨雲商会が江口をかばうなら、雨雲商会を提訴する用意があると付け加えました

村田は「江口さん、あなたの負けです」と言い、示談をまとめるよう言います。江口が「うちの行政書士でしょ」と聞くと、村田は「勘違いしないで下さい。私の依頼人は雨雲商会であり、あなた個人ではありません。私が守るべきは会社の利益そして名誉です」と言いました。雨雲商会の人は「君が示談を飲まないなら、君が告訴された時点で、懲戒解雇にする」と話します。江口はしぶしぶ示談に応じました。みごとな解決ですね

****
美寿々は田村に、笑顔でピースサインを見せます。しかし示談書を見せると、小百合は会社を辞めると話しました。大野は「ここに来る依頼人たちは、不安で不安でどうしようもなく、ワラにもすがる思いで相談に来ているんだ。そんな不安に震えている依頼人をのうのうと敵側に差し出すなんて、法律家として、いや人として失格だ。そんな奴、うちにはいてもらいたくない」と帰っていきます。田村はショックを受け、辞表を準備してましたね
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 236 | 235 | 234 | 233 | 232 | 231 | 230 | 229 | 228 | 227 | 226 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny