忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不毛地帯 最終話 約束の地
いよいよ最終回を迎えてしまいましたね。実に見ごたえのあるドラマでしたよ。壹岐正(唐沢寿明)は石油開発の最終段階を迎えます。大門社長(原田芳雄)は壹岐に不信感を抱き、里井(岸部一徳)を副社長へと呼び寄せようとしました。里井が最後まで残ってくるとは思いませんでした。うれしい誤算です(笑)エンディングはどうなるだとうかと思ってましたが、きれいなラストでしたよね

サルベスタン鉱区の五号井でガス暴噴が起ったとの知らせの後、2日間連絡が取れません。やっと電話してきた兵頭信一良(竹野内豊)は、泥水の調整が終わり、正常循環に戻ったと報告します。さらにガス暴噴があるのは、油がある兆候だと説明するので、壹岐は作業を続ける許可を与えました

鮫島辰三(遠藤憲一)はサハリンの大陸棚は順調だとハイテンションでやってきます(笑)大門社長の綿花相場についても情報が入ってましたね。伊原(上杉祥三)は大門に進退伺を提出。精神的にもまいっているみたいです。壹岐は綿花から引くよう言いますが、大門は聞き入れません。大門は里井に、壹岐を辞めさせるので近畿商事に戻ってきて欲しいと話します


現地では出てくるのが泥水ばかりで、いらだちがつのっていました。リーガン会長は油層の浸透率が低いので、水圧破砕を提案してきます。兵頭は「やりましょう。最後の賭けだ」と答えると、リーガンがガッツポーズで応えました

役員会議で、武蔵(中原丈雄)が綿花相場の損失について指摘すると、大門は「そんなことより60億ドブに捨ててる石油開発の方が問題と違うか」と開き直ります。そして里井を呼び入れ「里井君を近畿商事の副社長として帰ってもらうことにした」と発表しました。とうとう壹岐が追い詰められましたね。しかし里井があいさつしていると、塙四郎(袴田吉彦)が「石油が出ました!」とかけこんできます。角田(篠井英介)は「壹岐副社長、おめでとうございます」と手のひら返し(笑)みんなの拍手の中で、壹岐は目を潤ませます。観ている方も、よかったと思いました

記者会見が行われます。壹岐は「背負ってきた重い荷物を、ようやくおろせたような気持ちです」と答えました。成功の要因を聞かれた壹岐は「これはひとえに大門社長の勇気です。石油開発というリスクをともなう事業は、トップの勇気ある決断がなければ貫けません。それがサルベスタン油田発掘成功の牽引力になりました」と持ち上げます。ひかえていた里井が去っていきました。ちょっとかわいそう。鮫島は妻からチクリと皮肉られてましたね(笑)

**
壹岐は「石油開発の栄光を長くとどめていただくために、ご勇退いただきたく存じます」と切り出しました。大門はびっくりし「君ちゅう男は、石油開発始めたときから、お前の腹の中には社長の椅子に座る野望があったんだろう」と怒ります。壹岐は、毎朝新聞の田原秀雄(阿部サダヲ)に綿花相場の損失について情報を流しました。翌日の新聞を見て大門は激怒!やっきた里井に「あんな軍人あがりに絶対負けない。大株主と主力銀行の大門支持をとりつけといてくれ」と言います。しかし里井は「私の近畿商事への復帰の話はなかったことにして下さい。社長、すでに勝負はついております。もはや社長には石油開発を成功させた壹岐君を切る力はありません」と話しました。里井も壹岐の実力を認めざるをえないようですね

琵琶湖で秋津千里(小雪)と黄紅子(天海祐希)が会っていました。紅子が「壹岐さんに結婚のこと言ったことないでしょう?ダメよ、言わなきゃ。男なんてみんなずるいんだから」とアドバイスすると、千里は「私自身、妻となることで、陶芸の製作を乱されたくないという気持ちがずっとあったんだと思います。それに商社の仕事は本当に激務で、亡くなられた奥様のように、私には壹岐さんを支えることができません」と話します。紅子は「あなたと亡くなった奥様は違うのよ」と言いました

大門が「わしは会長職に退くわ。これからの社長は君や」と話すと、壹岐は「ここは一気に相談役にお願いします」と要求します。大門が「シベリア帰りの君をここまで引き上げたわしとおっぽり投げて、そうまでして社長になりたいのはどういうことやね」と聞くと、壹岐は辞表を出し「社長が勇退された会社に私が残ることなどありません。この部屋で社長にはじめてお会いした時のことは忘れもしません。今の私があるのは16年間大門社長が重用してくださったからこそです。社長は一企業を率いるリーダーとして、名実ともに充実した力を持たれておりました。しかしあれから長い年月が流れたのです。あとは大きな栄光を得た者が誰しもが妄執する権力の座を捨て、いつ見事に退陣されるかです。どうかご決断ください。次の世代は育っております。組織です。これからは組織で動く時代です」と涙目で説得しました。大門は「壹岐君、退陣や」と答えます

***
役員会議で、大門は今期限りで退陣するとあいさつし頭を下げました。大門は一気に老け込んでしまった感じです。後継者は壹岐という話が出ると、大門が壹岐も一緒に退陣すると説明します。どよめきが起りましたね。壹岐は「成功した今だからこそ、やらねばならない。これからは君たちが組織の力でさらに近畿商事を発展させていくんだ」と話します。昔のフラッシュバックの映像が流れるのを観ていて、なんだかジーンときてしまいました

壹岐は谷川正治(橋爪功)の遺志をついで、朔風会の仕事をすることにします。そして直子(多部未華子)誠(斎藤工)に、迷惑をかけたと謝りました。シベリアへ発つ壹岐に、千里は「壹岐さんが好きです。これからもそれは変えられません。私、待ってます。待ってるから」と話します。空港に鮫島がやってきました。「私はだまされませんよ。あなたの考えることは何から何までわかっているんだ!まだ勝負ついてないぞ!壹岐正を倒せるのは、この鮫島だけだ!やめんじゃないぞ!」と叫ぶ声を背中に受け、壹岐は笑います

約束の地・シベリアへついた壹岐は、花束を持って、雪の中を歩いていきました。雪をはらうと「ここに日本人抑留死没者眠る」のプレートが見えます。壹岐は手を合わせ涙を流しました。壹岐のとってどんなに仕事にのめりこんでいても、心の底にはいつもシベリアがあったんでしょうね。壹岐正が主人公で、それを演じる唐沢寿明の熱演はみごと!大門社長(原田芳雄)も良い味を出してました。でも途中から里井(岸部一徳)から目が離せなくなってました(笑)本当に個性的なキャラクター!不毛地帯は忘れられないドラマになりましたよ


健康に暮らしたい! 花粉症対策・空気清浄機の通販

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 241 | 240 | 239 | 238 | 237 | 236 | 235 | 234 | 233 | 232 | 231 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny