忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲゲゲの女房 第11週 貧乏神をやっつけろ
 村井布美枝(松下奈緒)茂(向井理)の間に、赤ちゃんが生まれ、調布の家に幸せがやってきました。でも貧乏神もやってきたようです(笑)貧乏なのに悲惨な感じがなくて、ほのぼのさせるのが救いですよね
 
布美枝が赤ちゃんを抱いて、暁子(飯沼千恵子)と一緒に、調布の家へ戻ってきました。茂はストーブをつけてたり、布団を敷いたりと、赤ちゃんのため茂が動いてましたね。雄一(大倉孝二)佐知子(愛華みれ)が、お祝いに尾頭つきのカレイを届けてくれます(笑)茂は子どもの名前を決めたと「藍子」と書きました。目玉おやじも添えてましたね
 
昭和38年の正月、戌井慎二(梶原善)もお祝いにかけつけてくれます。お下がりだと言いながら、おもちゃと赤ん坊の服をプレゼントしてくれました。そして出版社を始めると話します。漫画家と版元経営の二足のわらじでやっていくようです。戌亥の方角から北西出版と名づけました。暁子もやってきますが、ギックリ腰になってしまいます!

 *
母乳じゃなく、3時間おきにミルクを飲ませたり、起きてもすぐに抱かないなど、布美枝はアメリカ式の育児をしようとしていました(笑)布美枝が目をさますと、藍子がいなくてビックリ!外へ行くと、茂が抱いていました。藍子の笑顔に、2人も笑顔になりましたね。安来の実家から乳母車が届きます
 
美智子(松坂慶子)靖代(東てる美)和枝(尾上紫)徳子(棟里佳)がやってきて、ちゃんちゃんこやおもちゃをプレゼントしてくれました。美智子は藍子を抱いて「子育ては大変だけど 通り過ぎてみたら本当にかけがえのない幸せな時間だったって思うものなのよ。おろおろしたり、悩んだりしても、みんな大切な子供との時間だものね」と話します
 
浦木克夫(杉浦太陽)が来て写真を撮ってくれました。河合はるこ(南明奈)が来る予定にあわせたのです。茂は浦木の連合艦隊の本にあきれ、ひきだしから戦艦・長門の模型を出してきました
 
**
はるこが仕事を手伝うというのに、浦木は邪魔をするので、たたきだされてしまいます(笑)戌井の出版社から出す「劇画ブック」を見て、はるこは笑顔を見せました
 
戌井のところへ行って、原稿料の値上げ交渉に行きます。しかし返本の山ができてましたね。低俗だと抗議の手紙まで来ています。さらに戌井は、つきあいのある出版社から出入り禁止を言い渡されたと話しました。茂は「もはや版元同士、敵と味方という訳ですか」とあきれます。不動産屋の内崎(田中要次)のところへ、戌井からもらった1万円を持っていくと「督促状を出さないと金持ってこないなんて ふてぶてしいにもほどがあるよ」と嫌味を言われてしまいました
 
事情を話すと、布美枝が「藍子から借りましょう。実家から届いたんです。『初節句のひな人形を買うように』って」と言いながら、お金を出します。茂はふすまに、雛人形の絵を描きました。7段かざりのデラックスです。さらにお酒やおもちを食べるフリ(笑)さびしい場面だけど、微笑ましくなりますね
 
***
水道の集金の人が来たので、布美枝は窓をそっと閉めて、息を殺しました。ところが藍子が泣き出してしまいます。集金人は「またお母さんが隠れん坊してたら、教えてちょうだいね」だって(笑)
 
茂は戌井の家にいました。水道橋の事務所を引き払い、国分寺の家が自宅兼事務所です。戌井は妻の早苗からいろいろ言われ、肩身が狭そう。茂は笑いながら「日本一小さい出版社、ええじゃないですか。あんたがおるとこがすなわち会社ですよ」と励まして、特別顧問になって相談に乗ると話しました。茂は早苗の心もつかんだようですね
 
家に帰ってきた茂は疲れ果ててました。近道をしようと多磨霊園を通って近道をしようとしたら、抜けられなくなったというのです
 
テレビアニメ「鉄腕アトム」が始まり、子どもたちは主題歌を歌っています。布美枝がこみち書房へ行くと、大竹日出子(中島ひろ子)ら貸本漫画に反対する人たちが抗議に来ていました。美智子は謝りますが、キヨ(佐々木すみ江)はぶつぶつ文句を言ってましたね(笑)
 
****
今度は電気の集金の人につかまってしまいます。布美枝が子どもがいると頼みますが、集金人にも妻と子どもがいると言い返されました。とうとう電気が止められてしまいましたね。ろうそくをつけることにします。藍子が寝たので、布美枝は茂の仕事を手伝いました。ろうそくが消えて、布美枝は星がきれいなのに気がつきます
 
茂は原稿を書いて、ナメクジのいる新しい出版社へもっていきました。3万円の約束が、3千5百円です。このお金で電気代ははらったものの、藍子を病院へ連れていく車代もありません。みじめですね
 
雨の中、大蔵省の人(片桐仁)がやってきて「この家が建っている敷地の半分は、大蔵省が管理している土地なんです。土地を買い上げて頂くか、立ち退くかして頂くことになります」と言ってきました。貧乏神が大蔵省の人に化けてるみたいです。茂は「金なんかない。家を取り上げるなら、とっとと持っていけ!」と爆発してましたね
 
*****
大蔵省の人がやってくるというのに、布美枝は歌を歌って、なんとかなるとのんきなので、茂も笑顔になります。そして間違いだとわかり、2人ともほっとして力が抜けてました。布美枝は、貧乏神を退散しろと塩を勢いよくまきますが、もったいないからと2回目は少しだけパラパラします(笑)
 
布美枝は貧乏神を漫画でやっつけてと言うので、茂は「悪魔くん」を思いつきました。原稿を見た戌井は震えながら感動してましたね。原稿料3万円をもらったのに、茂は戦艦・長門のプラモデルを買ってきてしまいます。当分、貧乏神は調布の家に住み着きそうですね(笑)
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 301 | 300 | 299 | 298 | 297 | 296 | 295 | 294 | 293 | 292 | 291 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny