忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲゲゲの女房 第1週 ふるさとは安来 第2~6回
昭和10年代の風景が、なんだか懐かしい感じがします。生まれてませんけどね(笑)飯田布美枝(菊池和澄)は、おばさんの宇野輝子(有森也実)の家からの帰り道、林の中で「いや!何かおる!」と逃げ出し、転んでしまいました。木の上で絵を書いていた少年が「べとべとさんにつけられておる」と声をかけてきます。少年は布美枝の手を取って、しばらく歩くと「べとべとさん、先へおこし」と呪文を言いました。べとべとさんは行ってしまったみたい

お腹をすかせた布美枝に、少年はさつまいもをくれました。「ひだるがみ」に取りつかれるというのです。布美枝が倉の天井からどすどすと音がしたと話すと、少年は「あずきはかり」だと教えてくれます

輝子が家にやってきて、やっと布美枝が家にいないことに気がつきました(笑)源兵衛(大杉漣)が駐在所に連絡しようと外へ出ると、家の裏に布美枝がいます。布美枝は風邪をひいた輝子に「キャラメルを持って行ってあげたら元気になると思って」と話します。なんだか切なくなりましたね。登志(野際陽子)の話を聞いて、目に見えない不思議な世界に想像をふくらませます

**
布美枝が10才になって、もう菊池和澄から佐藤未来へバトンタッチ。源兵衛からノッポだと言われ、傷つきます。チヨ子(鍋本凪々美)から盆踊りの練習をしようと誘われました。1等はラムネ1本もらえるのです。今からみたら大したことないけど、子どもにとって豪華商品だったんですね

姉のユキエ(足立梨花)は裁縫のけいこに行くはずなのに、反対方向へ行きます。内緒にしてと頼んできました。男の人と待ち合わせているのを見て、チヨ子は逢引で映画を見に行くと話します。少年たちが来て”電信柱”とバカにしました。ショックを受けた布美枝は、目立ちたくないので、踊らないと話します

裁縫の先生から休みと聞いた源兵衛は、戻ってきたユキエを「だらず!」と叱りました。ユキエは謝った後で舌をぺろっと出してます(笑)デートリッヒとゲーリー・クーパー出演の映画「モロッコ」の話をしてくれます。長女の暁子(小林さり)は、女学校を卒業し教員になっていました。哲也と貴司は、源兵衛の顔を真似て、鬼の絵を描いてます(笑)

***
背が高いことに悩んでいた布美枝は、登志から「のっぽでもくよくよしないように」とご先祖様にお願いしてみればとアドバイスしてくれました。さらに「ご先祖様は盆踊りが好きで、布美枝が踊ると喜ぶ。笑われてもなんでもない。楽しく踊ればそれでいい。ご先祖様は布美枝を見ている」と励ましてくれます

迎え火をして、盆踊りが始まりました。布美枝とチヨ子は花笠をかぶって登場しましたね。また少年たちにからかわれますが、布美枝は「楽しく踊れたら、それでええ」と突っぱねます。布美枝はご先祖様と踊ってましたね。送り盆に精霊船でご先祖様を見送ります

昭和18年春、戦局が悪化し、村井茂も出征することになります。飯田家では、ミツバチを飼っていて、ぼた餅にハチミツを入れていたなんて、おいしそう!布美枝が人とぶつかって卵を割ってしまうと、その人が卵をくれました

****
ユキエと源兵衛が険悪な雰囲気です。農家に嫁へやろうとする源兵衛と、父親にしばられたくないユキエが対立します!夜になってユキエは布美枝を起こし、代わりに布団に入るよう頼んできました。ユキエは輝子のところへ行くというです

布美枝がユキエの布団に入っていると、源兵衛がやってきて話し出しました。見合いはユキエが農家に行けば食べる心配がないと思ったというのです。最初はおだやかでしたが、源兵衛は怒り出し布団をはがし、ユキエがいないことがばれてしまいました。源兵衛は「お前までわしを裏切るとは思わなかった」とあきれます

卵をくれた人が飯田家を訪ねてきました。横山信夫(石田法嗣)でユキエの見合い相手だったのです。布美枝は横山を連れ出し、見合いをやめてくれるように頼みました。やがて仲人から横山家から見合いを断ってきたと連絡が入ります

*****
飯田ミヤコ(古手川祐子)がハチに刺され、倒れてしまいます。布美枝が田村先生を呼びに行きますが、やすだへ往診に行って不在でした。布美枝は必死にやすだへかけていき、農家の人に「田村先生、おらっしゃいませんか」と話すと、横山が出てきます。横山は田村先生を背負って、飯田家までやってきてくれました

布美枝と登志が横山にお礼を言っていると、ユキエと輝子が帰ってきて、見合いに振り回されたと文句を言い出します。横山はいたたまれなくなり帰って行きました。布美枝は「違うよ!あの人はええ人だよ。わたしが頼んだんだよ。見合いの話がなくなれば、お父さんと仲良くなれると思ったんだよ」と必死に話します。本当にジーンと来る場面でしたね

ユキエが謝ると、源兵衛は「あんまり勝手するな」とやさしく答えました。やがて布美枝とユキエが食事を持っていくと、源兵衛と横たわっているミヤコが安来節を歌っています。布美枝とユキエに笑顔が戻りました

ユキエと横山は結婚することになります。足立梨花の花嫁姿がきれいですね。ユキエは裁縫箱をくれました。「モロッコ」のパンフレットが入っている訳を聞くと、ユキエは「モロッコまで行かんでも、ええ人を見つけた。ふみちゃんが連れてきてくれた」と答えます

源兵衛は「たよりにしちょるぞ」と声をかけてきました。布美枝がビックリしていると、登志は「おとなしくていつも目立たないけど、布美枝には力がある。人のために一生懸命やる力がある。家族一緒に頑張る力。見えん力が布美枝にはちゃんとある」と話してくれます。この一週間で布美枝と飯田家の風景が頭の中にしっかり刻み込まれましたね
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 277 | 276 | 275 | 274 | 273 | 272 | 271 | 270 | 269 | 268 | 267 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny