忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

坂の上の雲 第9回 広瀬、死す
 明治37(1904)年2月5日、連合艦隊司令長官・東郷平八郎(渡哲也)の元に、封密命令が届けられました。御前会議で対ロシア開戦を決定したのです。東郷は各艦の司令官を集め、命令を伝えます。秋山真之(本木雅弘)は東郷から参謀に命じられたときのことを思い出してましたね

戦艦・朝日の水雷長をしている広瀬武夫(藤本隆宏)がやってきました。艦長のお供で三笠へ来たのです。広瀬は「連合艦隊作戦参謀、出世したな。大出世じゃ」とうれしそうでした。そして「1つ頼みがある。ロシアとの戦は俺にとって特別な意味がある。仲の良い兄弟と殺しあうようなもんじゃけん。俺にしかできん役目があるはずじゃ。その役目を見つけるのが、参謀であるお前の仕事じゃ」と話します。真之は「あしは仕官であろうが下士官であろうが、生還できない作戦ははじめから立てません」と言いますが、広瀬は「全員生還できる作戦なんてありえん」と答えました

2月6日午前9時、連合艦隊主力は佐世保港から出撃!季子(石原さとみ)は「お帰りをお待ちしております」と真之を見送りました。ロシア旅順艦隊は大連の内港でなく外港に停泊している情報をつかみ、真之は駆逐艦で夜襲をかける作戦を提案します

日本はロシアに国交断絶を通告しました。ロシア帝国のサンクトペテルブルグで、ロシア皇帝・ニコライ二世が「日本の権益を認めたのに、この通告は何だ」と不満を口にすると、ラムズドルフ外務大臣は「極東総督のアレクセーエフが譲歩案を止めたので、東京のローゼン公使に届いていないのでは」と話します。ニコライ二世は日本が戦争を仕掛けてくるとは思ってなかったようですね

 *
2月8日午後6時、連合艦隊主力は旅順港後方から44海里の洋上に達し、全襲撃部隊が艦隊主力から離れました。真之が「あと6時間もすれば月は沈みます。奇襲攻撃にはもってこいです」と言うと、島村速雄(舘ひろし)は「敵艦を5隻、撃沈か」とつぶやき、有馬良橘(加藤雅也)は「あとは神様に祈るだけよ」と真之の肩をたたきます。真之は戦力は同等なので、1隻でも多く沈め、洋上決戦を有利に運ぼうというのです。真之は「参謀長、ちょっとごろ寝してきます」と部屋へ戻り、炒り豆を食べながら資料をながめます
 
広瀬はアリアズナ(マリーナ・アレクサンドロワ)からの手紙で、ボリス・ビルキツキー(アルチョム・グルゴーニエフ)が旅順へ来ていることを知りました。旅順のボリスは、マリア祭のパーティに参加しています。艦隊司令長官のスタルフ中将夫人がマリアと言ったので、盛り上がってました。ボリスは浮かない表情で、パーティから艦隊・ツェザレビへ戻ります。ボリスは双眼鏡で海を見て、何かを見つけました。連合艦隊が放った魚雷です。爆音が響きますが、パーティ会場ではマリア夫人は艦隊の祝砲と勘違い(笑)アレクセーエフは大義名分ができたと余裕でしたね

水雷攻撃の戦果は、20本の魚雷を撃ちながら、戦艦2、巡洋艦1を大破させただけでした。ロシア旅順艦隊は港内深く引きこもり、要塞に守られてひらすら消極主義を取ります。9日の夜が明けると、皇帝は戦線布告を発しました

ペテルブルクの日本公使館にいた栗野慎一郎(利重剛)明石元二郎(塚本晋也)らはストックホルムをめざします。フィンランド独立運動をしているカストレンに金を渡すと、明石は栗野にルーブルをもらいますが、汽笛が鳴って飛ばされました(笑)

**
旅順港沖の開戦が号外で知らされ、八重(原田美枝子)と歩いていた正岡律(菅野美穂)は「用事を思い出した」と季子の元を訪ねます。季子の父親・稲生真履(加納竜)がやってきていましたね。真履が散歩に出かけた後、季子は「真之さんがいない間、私の用心棒になってくれませんか」と頼んできます。やはり心細かったんですね

秋山好古(阿部寛)は46才で陸軍少将、千葉県習志野の騎兵第一旅団の旅団長をしています。好古は、多美(松たか子)や貞(竹下景子)たちと撮った写真とともに手紙を真之に送ってきました

ロシア旅順艦隊が港内に閉じこもり、バルチック艦隊の到着を待っているので、有馬が閉塞作戦を提案します。旅順港の入り口に汽船を沈めてふさぎ、旅順艦隊を港内に閉じ込めてしまう作戦です。真之は、旅順港を囲む要塞砲はサンチャゴの千倍あるため兵が多く死ぬと反対しました。東郷が「閉塞作戦を検討、準備するよう」と命じます

実施部隊には有馬と広瀬が当たることになり、第一次旅順港閉塞作戦が始まりました。2月23日、閉塞隊の5隻が出発します。広瀬はロシア兵へのメッセージを横断幕に書いてましたね。しかし作戦は失敗します。足を負傷し戻ってきた広瀬は「サンチャゴの火力の千倍というのは本当じゃった。しかし今回で勘所はつかんだ。次は失敗せん。必ず閉塞してみせる」と語り、作戦失敗し落ち込む真之をはげましましたね

***
ボリスは横断幕に”TAKEO”の文字を見て、広瀬が来ていることを知ります。ステファン・マカロフ中将がロシア旅順艦隊司令長官となり、ロシア兵たちの士気が上がってました。日本の艦隊の航路にあらかじめ汽船を沈め、迂回してきた汽船を、駆逐艦で待ち伏せ魚雷で攻撃しようと話します。アリアズナは「広瀬とボリスが敵味方となって戦うなんて、何て恐ろしいことでしょう」と悲しんでましたね

第二次旅順港閉塞作戦が開始されます。4隻で行うことになり、広瀬は福井丸に乗船することになりました。また横断幕をつけてます。広瀬は出発するにあたり、真之にアリアズナへの手紙を託しました

3月27日午前2時、閉塞船が旅順港へ近づいていると、敵の待ち伏せに遭います。千代丸の有馬は投錨(とうびょう)を命じました。広瀬は福井丸を千代丸の左は回りこませます。激しい攻撃が続く中、閉塞の準備を完了し、広瀬は総員退却を命じました

兵たちは短艇へ乗り移りますが、杉野上等兵曹がいません。広瀬は福井丸に戻って探しますが、杉野を見つからず、仕方なく短艇へ戻ります。福井丸から離れたところから、起爆装置を作動させました。任務を終え、広瀬は空を見ながらアリアズナを思い出していると、爆発が起きます。広瀬に砲撃が当たったのでした。海の底へ、懐中時計とアリアズナの写真が沈んでいきましたね

****
有馬は東郷に、作戦失敗と広瀬らの戦死を報告し、責任は自分にあると説明します。真之が何か言おうとするのを、有馬が止めました。真之は「ちょっと、ごろ寝してきます」と部屋へ戻ります。真之は広瀬を思い出しながら、顔を洗い、がっくりとひざを落としました

ロシアの新聞・ノーヴィ・クライは広瀬の死について詳細に伝えたそうです。ボリスたちは、福井丸の船首付近で日本人将校の遺体を発見し、手厚く葬儀を行いました。広瀬の手紙がアリアズナの元へ届きます。「アーダ、いつか君に教えてもらったね。人が人を思いやるやさしい気持ちを、ロシアではグマナスティという。いくら国同士が戦っても、僕はこの気持ちを大切にしたい」と書いてありました

真之は、戦艦・三笠の甲板に立ち、第2部完結です。旅順港深く潜伏している旅順艦隊を打ち破るため、陸軍の旅順要塞攻略がスタートします。第3部は、来年12月です!
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 381 | 380 | 379 | 378 | 377 | 376 | 375 | 374 | 373 | 372 | 371 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny