忍者ブログ
健康について書いていきます!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大動脈瘤破裂
 テレビ「ためしてガッテン バン!おなかの血管が突然破裂する日」を観ました。大動脈瘤を、血管が破裂する時限爆弾にたとえます。持っているのに気づいていない人が、16~26万人もいるそうですよ。エコー検査のとき、お医者さんに言う「ついでに見てください」という言葉が紹介されました。くわしい内容や関連情報は、番組HPにのってます
 
(おもな内容)
・大動脈瘤は、大動脈のどこかにできるコブ。コブが出来ると、膨らむ一方で、自然に元に戻らず、破裂に向かってすすむだけ。大動脈は直径は2~3cmだが、5cmを越えたらいつ破裂してもおかしくない
・大動脈は、弾性線維と呼ばれる物質からできていて、のびちぢみし、心臓の動きと連動し、血液がとどこおりなく流れる。大動脈は「第2の心臓」と呼ばれている
・大動脈瘤の原因は、動脈硬化と高血圧
・動脈硬化になると、悪玉コレステロール(LDL)を退治するマクロファージが血管壁の中に入る。しかし大動脈の伸び縮みにより、マクロファージが混乱し、マトリックスメタロプロテアーゼという酵素を出し、弾性線維が壊れ、コブが大きくなる
・高血圧でない人でも、大動脈の血圧値である「中心血圧」が高い人は要注意
・中心血圧の目安は、最高血圧-最低血圧=60以上の人は、要注意
・大動脈瘤の治療法には、人工血管とステントグラフトがある
・大動脈瘤の検査は、胸部のX線。腹部はエコー検査を受けるとき「大動脈はどうですか」「ついでに見てください」と言うと良い
 
(大動脈、大動脈瘤、大動脈瘤破裂)
・大動脈は、心臓から真上に伸びて、?マークのように急カーブして下に伸び、へその下で枝分かれするまでの極太血管。直径は2~3cm。アンガールズが撮影に協力してましたね
・大動脈瘤は、大動脈のどこかにできるコブをいう。ひとたびコブが出来ると、どんどん膨らむ一方で、自然に元に戻ることはない。ただ破裂に向かってすすむだけ。破裂直前の大動脈は8cmにも及ぶことがある。毎年3~4mmずつじわりじわりとふくらんで、5cmを越えたらいつ破裂してもおかしくない
・大動脈瘤破裂にはいくつかパターンがある。いきなり血管が裂けるケースもあることはある。一番多いのはコブができて、それが大きくなって破裂するパターン
PR
 
てっぱん 第13週 ふたり 第73回~第75回
 あかり(瀧本美織)は滝沢(長田成哉)から福引き券をもらって引きますが。だめだったみたいです。あかりと鉄平(森田直幸)が店にいると、伝さん(竜雷太)がタワシをくれました。伝さんもはずれ。初音(富司純子)は3回はずれで、後ろに並んでいた神田(赤井英和)に「当たり玉入ったらへんで」と去っていきました
 
中岡(松尾諭)民男(前田航基)笹井(神戸浩)が、滝沢の駅伝の応援から帰ってきます。滝沢は区間賞を取ったけど、最終結果は見ないで帰ってきたのです。そこへ神田が特賞の有馬温泉宿泊券が当たったとやってきました
 
滝沢のチームは8位で、全国大会を逃します。根本(松田悟志)は「チームは駄目でも、お前は区間賞を取ったんや」ととりなしますが、滝沢は「俺の心配より自分の心配して下さい。疲れたんで寝ます」と部屋へ戻ってしまいました。あかりは部屋へみかんを持って来ますが、滝沢は冷たかったですね
 
翌朝の新聞に、滝沢のアップの写真の下に「星村運送、陸上部廃部を検討」の記事がのっていました。あかりがはげましますが、滝沢は「身内に借金ちんたら返しとるような甘い奴が、口出さんといてくれ」と厳しいです。あかりは尾道へ帰らず、正月も店を開けることにします。滝沢の言葉が胸に刺さったんですね
 
坂の上の雲 第8回 日露開戦
 明治36(1903)年初夏、秋山好古(阿部寛)は清国から帰って千葉県習志野にある騎兵第一旅団長大隊になっていました。好古45才です。機関銃を入手し演習を行っています。そこへ、ロシアが大演習を行うので参観武官となるよう通達が来ました

秋山真之(本木雅弘)は八代六郎(片岡鶴太郎)に連れられ、華族の令嬢たちが自転車に乗る嗜輪会へ行きます。帰ろうとする真之でしたが、稲生季子(石原さとみ)がレースに参加しているのを見つけ、目を大きくしてましたね(笑)八代が去った後で、真之と季子は自転車に乗って笑い合います

7月、真之と季子の結婚式が行われました。貞(竹下景子)は、好古と多美(松たか子)の間の子・与志子、健子、信好を紹介してうれしそう。八代や高橋是清(西田敏行)も参加してましたね

9月、好古はニコリスク演習場でロシア陸軍の圧倒的な兵力を目の当たりにします。コサック騎兵も登場です。夜になると、ウォッカを飲み、腕相撲をして、ロシア兵と打ち解けます。通訳の大庭二郎(海部剛史)とともに、肩車をされて大騒ぎです。好古が「君たちには武士道の伝統があるじゃろ。だがな日本には武士道がある。戦場で会うたときはお互いに勇敢に戦おうではないか」と叫び、ロシア兵も歓喜の声で応えます。サンクトペテルブルグで、栗野慎一郎公使(利重剛)が大蔵大臣ウィッテと交渉していましたが、ウィッテはロシア皇帝・ニコライ二世から罷免され、極東総督のアレクセーエフが後任となると伝えてきました
 
てっぱん 第12週 味は口ほどにものを言う 第70回~第72回
 あかり(瀧本美織)のトランペットを、岩崎(柏原収史)がほめてくれました。練習に浜野(趙民和)が来ないと思ったら、笹井(神戸浩)の所にいます。笹井から「お店に行かないんですか」と聞かれ、浜野は「お好み焼きも音楽も、お得意先を捕まえるまで我慢する」と答えました
 
伝さん(竜雷太)は美咲(中山心)のために料理を作るものの焦がしてしまいます。そこで初音(富司純子)が先生を務める浜勝の料理教室へ参加です。伝さんは初音の言うことを素直に聞いてましたね(笑)
 
小夜子(川中美幸)が「南天には難を転じるという語呂合わせがあるんやて」とあかりに説明します。尾道にあった南天が、なぜか大阪に!?
 
おのみっちゃんのカウンターに、岩崎と根本(松田悟志)が座っていると、美咲がやってきて「豚玉」を注文します。伝さんが「肉じゃが食べたらええやろ」と鍋を持ってきました。美咲は「嫌いやもん」と食べようとしません
 
あかりは美咲を奥へ連れて行き、どうして食べないか聞きました。初音は「わがまま言うんやったら、自分の食べるもんは自分でしい」とあかりにアイコンタクトです
 
てっぱんの前に美咲を連れて行ったあかりは「これから美咲ちゃんに、お好み焼き焼いてもらいます」と言って、一緒に焼き始めました。美咲が作ったお好み焼きを、伝さんがうれしそうに食べ、美咲が笑顔になりましたね
 
てっぱん 第12週 味は口ほどにものを言う 第67~69回
 あかり(瀧本美織)が売り上げを数えています。鉄平(森田直幸)が「すげー!40万円超えとる。あかり、山分けしよう」と喜ぶと、あかりは「わかっとらんねえ」と答えます。初音(富司純子)に払う家賃や店賃、光熱費や仕入れを引くといくらも残らないのです。借金200万円のうちの5千円を返すと、初音から「200万返してもらうの33年がかりや。うち100才超えてる」と嫌味を言われます(笑)
 
月60万円を売り上げるには、1枚600円のお好み焼きを1千枚、月25日として、1日あたり40枚が目標です。厚子と千代子に話していると、初音が「お客さんの前で、売り上げの話しいな」と注意されてしまいました
 
浜野(趙民和)はあかりがいなくなって、ふぬけになり、初音をあかりと間違えるほど重症です。神田(赤井英和)が「わしはどこにも行きません」と言いますが、小夜子(川中美幸)は訳がわかりません(笑)
 
おのみっちゃんにおなじみのメンバーが集まっています。鉄平がすすめると、笹井(神戸浩)は「僕も1枚ぐらい売りたいです」と絵のことを話しました(笑)鉄平が「ウーロン茶ぐらい注文せえ」と言うと、滝沢(長田成哉)は「売り上げ上げるより、無駄削った方が早いんちゃうか。こいつのバイト代とか」と怒り出し「売り上げ落ちても首飛ばへんから、のほほんとしてられるんや。いらいらするんですわ。汗もかかんと、ぬくぬくしてる奴見ると」と厳しいですね。滝沢が出て行った後、根本(松田悟志)が代わりに謝ります
 
小学生の女の子が1人でやってきました。伝さん(竜雷太)の孫・長谷川美咲(中山心)です。あとから父親の長谷川健一、母親の百合子が呼び戻しに来ますが、伝さんのところに泊まることになりました
 
| prev | top | next |
| 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
すこやか健太
性別:
男性
趣味:
テレビ、映画鑑賞
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny